2013/07/09 キハダマグロ 25kg
【猛大舞丸18F-MG・21F-MG】

奧地氏タックル

竿:リップルフィッシャー BIG TUNA 87 JAPAN special
リール:ソルティガ6000
ライン:PEよつあみ ウルトラジグマン6号+リーダー よつあみアブソーバー130lb
ルアー:21猛大舞丸

徳野氏タックル

竿:ヤマガブランクス Blue Sniper 81/8
リール:13ステラ8000+14000スプール使用
ライン:PE VARIVAS SMP 6号+リーダー VARIVAS130lb
ルアー:18猛大舞丸

Angler:奥地氏・徳野氏

POINT:熊野沖

今回キハダマグロの釣果が得られましたので報告します。

最近連日釣果情報が上がっている熊野沖へ、プレジャーボートにて出航しました。
快晴、べた凪の状況でした。
午前中よりクジラつきのカツオナブラがあり、同船者が 誘い出しで15kgサイズをキャッチ。
その後もスーパーナブラが数回ありましたが、ちょっとの差で私達の船は間に合いませんでした。

昼過ぎになりカツオの小さい飛沫を発見。カツオの周囲に居るであろうキハダを誘い出しで狙い、ナブラの周囲へ18猛大舞丸を迷わずキャストしました。
ルアーが落ちた瞬間、キハダが水面にモアッ~と出て直ぐにルアーへバイトしました。
同じようなタイミングで、隣の奧地氏の21FMGの猛大舞丸にもヒット。
ダブルヒットでしたので奧地氏は一気に勝負をかけて、3分ほどで魚をキャッチ。
私も初めドラグが緩めの設定だったため、ファーストランは50m以上出されましたがセカンドランは無く5分ほどのやり取りでキャッチへ至りました。
どちらも25kg程のキハダマグロでした。

今回はベイトもはっきりせず、シラスのような小さい小魚から大きなイワシまでナブラによってまちまちでした。
ナブラの状況を見極め、フローティングルアーでキハダにアピール出来たことがヒットにつながったのだと思います。